人参の冷凍

嫌いな子、だーれだ?!

どうしてかなぁ、好き嫌いがありますよね。人参。

食べるのは苦手だけどジュースは飲めるって友達もいます。

人参もフリージング向きの食材です。

調理後の冷凍にも向きますが、
まずは生のままで冷凍する方法。

人参はどんなふうに切っても冷凍できます。

乱切りは少し小さめのほうがいいかな?

小林カツ代さんの本で学んだのですが
人参の千切りにはコツがあります。

斜め薄切りにして、

それをずらしながら千切りすること。

人参は外側と内側の味や固さが違うので
斜め切りにすることで
どれにも外側と内側が含まれるのですね。

こうして切ったものをバラ冷凍して
フリージングバッグへ。

凍ったまま加熱調理して下さい

一つでも切ってある材料があると
お料理ってグンと楽になりますよね!

ごぼうの冷凍

ごぼうって好き嫌いあるのかな

私は大好きなお野菜です。

きんぴら、
筑前煮、
牛肉と炊いたん、
かき揚げ、
たたきごぼうのマリネ、
ごぼうサラダ、

これほど使いでのあるお野菜ってなかなかないかも。

冬になると2本で100円!と安くなります。

でも我が家は二人、消費が追いつかないので
新聞に包んで冷暗所に置いているうちに
だんだん水分が抜けてパスパスに…

(これはこれで結構使えるんですけど・笑)

そうなる前に冷凍しちゃえばフレッシュな状態でいただけます。

幸い、ごぼうは冷凍による変化が少ない食材。
使い道に合わせていろんな切り方で保存しておくと
ほんとうに便利。

ごぼうって土を洗い流して、アクをとって…
が結構手間なんですよね。

洗い物増えるしね

だから下ごしらえを一気にやって冷凍して
あとは使う分だけ出す、っていうふうにすると
食卓にごぼうが登場する回数が増えます。

では切り方~!

きんぴらやサラダ、混ぜごはんに欠かせない、ささがき。

天ぷらなんかにすると美味しい、薄切り。

筑前煮などに、斜め切り。

乱切りもいいなー。

歯ごたえを楽しむきんぴらやかき揚げに、拍子木切り。

水にさらしてアクを抜いて
よーく水けを切ったらジップロックに入れて
空気を抜いて冷凍庫へ。

調理のときは
凍ったまま出して、加熱すればいいです。

そうそう
きんぴらが黒くなってしまう原因は鉄製のお鍋なのです。

ゴボウはアルミの行平鍋か
テフロン加工のフライパンを使うといいです。

鉄製のお鍋やフライパンは
鉄分と反応して、真っ黒なきんぴらになっちゃいますよ~。

とうもろこしの冷凍

生のコーンが食べられるのは夏だけ!!

缶詰や冷凍のコーンもおいしくなりましたが
(昔は水っぽかったのよねえ)

やっぱり生のとうもろこしの甘さにはかなわない

今のうちに買って茹でて冷凍しておきたいな。

とうもろこしは畑から採ってから
どんどん鮮度が落ちるので
買ったらその日のうちに食べるか、茹でて保存しましょうね。

まずは茹で方。

丸ごと茹でたらヤケドしないように気をつけて
つぶつぶをはずしていきます。

今年見つけて感動したのがこれ!!

OXOのコーンカッター 

これでガリガリと粒をはずして、バラ冷凍したら
使いたいときに使いたい分だけ出せばいいですよね

生のコーンを使ったポタージュ、おいしいですよぉ~

ブロッコリーの茎は冷凍しません

前回、ブロッコリーの切り方・茹で方・冷凍の方法を書きました。

簡単なのでぜひぜひオススメ。

そうそう、茎ってどうしてます?

私は皮を厚めにむいて、築地バージョンの動画の最後みたいに
長方形にしてから細めの拍子木切り(マッチ棒のごついやつ)にします。

それをさっと茹でてサラダにする、味噌漬けにする。

あるいは(こっちが多いかな?)
切ったらすぐにきんぴらにしてしまう。

人参があれば一緒に炒めてもいいですけど、
ブロッコリーの茎単品でもイケますよ

もう、ものすごく手抜きをするならこの作り方。

1.フライパンにごま油を少し引く

2.輪切り唐辛子があれば入れて弱火で熱する

3.油が温まったら、切ったブロッコリーの茎を入れてザッと炒める

4.めんつゆかすき焼きのタレをジャッとかけて汁気がなくなったら火を止める

輪切り唐辛子がなかったり
ピリッと辛いのが苦手なら、2は省略して下さい。

ちくわが冷凍庫にあったら入れるとおいしい

きんぴら以外のレシピはクックパッドで探してみましょ

>>>ブロッコリーの茎のレシピをクックパッドで探す<<<

ブロッコリーの冷凍

野菜がちょっと高いですね。

今年は豪雨が多かったから野菜もお米もまだ上がるんだろうな。
農家の方、たいへんですよね。

ごはんのおかずに、お弁当に便利なブロッコリー。

中華炒めみたいにメインで使わない限り、
一回で使い切ることはありません。

茹でた後、タッパーに入れて2~3日ならもつ…かも…ですが、
私は冷凍してしまいます。

と、その前に。

ブロッコリーの切り方がわかんないという友達が結構いるので
一応動画を貼っておきますね。

私はこのお母さんと同じ切り方です。

探していて、この方法もいいなと思ったのがこちら。

まる徳マガジン 築地のプロ直伝「野菜のメキキ」 ブロッコリーの切り方

…この方の包丁、めちゃくちゃよく切れそうですね

切ったら茹でます。
塩を入れなくてもたいして変わらないので
私は塩を入れずに茹でています。

お湯が沸いたら時間差攻撃。

茎を最初に入れて、しばらく経ってからブロッコリーの房を入れて
固めで引き上げます。

冷凍したブロッコリーは

・凍ったまま加熱調理する(炒めもの、スープなど)
・自然解凍してサラダやお弁当に入れる

なので、茹でたてよりも食感が柔らかくなります。

その分を差し引いて固めに茹でておくといいと思います。

ざるに上げて、冷めたらバラ冷凍。
小房に分けて切ってあるので使う分だけ取り出せて便利です。

あんまり値上がりするようなら

市販の冷凍ブロッコリーを買うほうがお得かも?

大根おろしの冷凍

食欲が落ちがちな夏場は

大根おろしを添えてさっぱりいただく…

というふうにすれば
なんとか食べられる!ってときがありますよね。

でも大根をおろすって結構な肉体労働。

ちょっとおろしただけで汗だくです

そのくせ、少しだけ使いたいときなんか
かえって面倒だったりして。

じゃあハンパな大根があるときにおろして冷凍しちゃう?

おろしたてのものよりは少し水っぽくなりますが
「ないよりマシ」
と割り切れる方にはオススメ。

おろした大根をシート状に平らにして冷凍庫へ。

使う分だけポキッと折って自然解凍します。

市販品も出ていますよ市販の大根おろし

私は大量に作るときはフードプロセッサーで一気におろしてしまいます。

手でおろすほうが断然おいしいんですけどネ~

大葉の冷凍はオススメできないので

暑い。

と言ってもしかたがないのですが、
それでも言わずにいられません。

ほえーーー。

こんなときに食欲を倍増させるのが、香味野菜。

ねぎ、
生姜、
山椒、
にんにく、
みょうが、
大葉!

大葉は地域によって「青じそ」と言ったりしますね。

我が家では大人気。

さて、大葉の保存方法ですが、
冷凍・フリージング本では

「冷凍できます」

と書いてあります。

できなくはないですが、私はしません。

黒ずんで、香りが少し飛びます。
(香りは少ししか残らない、というべきか)

もし冷凍するなら
千切りにして、水けを取ってラップして冷凍。
色が黒ずむので上に散らす使い方よりも
ハンバーグに混ぜ込んだりする使い方がオススメです。

我が家では冷蔵保存します。

その方法はこちら。


(再生時間:約3分)

よかったらお試しください

玉ねぎの冷凍

世間はお盆ですね~。

我が家は夫がお盆休みなく出勤なので
それぞれの実家には帰れません。

気持ちでお参りしておこう。

今日は玉ねぎの冷凍について。

常備できる根菜(?)ではあるものの、
こう暑いと知らぬ間にズルンと傷んでしまうことも…

玉ねぎの冷凍は変化も大きいので
絶賛オススメ!ってわけにはいかないのですが、
傷んで使えなくなるよりは…的な感じでご紹介します。

■ 生のまま冷凍する

1.皮をむいて切る

2.ビニール袋にバラして入れて、空気を抜いて冷凍する

<切り方で使い方のバリエーションが決まる>

冷凍した生の玉ねぎは加熱して使います。

凍ったまま調理しますが、
組織が破壊されてクタクタになるのと
加熱(解凍)の過程で若干水けが出るので、
シャキシャキ感不要&水けが出ても構わない料理に使用しましょう。

例えば

ポタージュやカレーなど、後で溶けてなくなってもいいものには使えます

しかし、みじん切りをハンバーグの具に入れると
少し水けが出て、ちょっとタネがゆるんでしまいます。

そんな特徴を知った上でお使い下さい。

みじん切り:市販のミックスベジタブル的な感じ(炒飯の具などに)

スライス:ポタージュなどに少し「ネギ系風味」を加えたいとき

■ 加熱してから冷凍する

飴色になるまで炒めた玉ねぎ、
あったらおいしいのに!と思ってもそのときに一から作るのは大変。

ある程度まとめて作って、薄く平らに伸ばして冷凍しましょう。

スープを作るときなど、必要な分だけポキッと折って使います。

ちなみに市販のものはこんな感じ。

>>>楽天のオニオンソテーはこちら<<<

作るの大変!ってときは買ったらいいけど、
ちょっとイキそうな玉ねぎをエイッと炒めればお安く作れます

長く家を空けるときなども、前もってやっておくといいかも

小松菜の冷凍

小松菜、一年を通じて比較的安定したお値段で売られていますね。

旬は…冬?

うちの近所の八百屋さんでは2把で100円くらいになることも!

そんなときはまとめて買って
ガサーーーっと茹でて冷凍しちゃいます。

■ 冷凍方法

1.小松菜を水洗いする

2.沸騰したお湯で固めに茹でる

3.ボウルに張った水に漬けて、すぐに冷ます

(ほうれん草のようなアクはないので長時間漬ける必要はありません。
 余熱で火が通りすぎるのを防ぐために急冷します。)

4.よく使う長さに切って、小分けにラップでくるんで
  フリージングバッグに入れて冷凍する。

■ 使うとき

和え物など:必要な分だけ冷凍庫から冷蔵庫に移してゆっくり解凍する。

汁物やラーメンに入れるとき:凍ったまま投入する。

わりと信頼している料理研究家の村田裕子さんが出された本には

小松菜を茹でずに冷凍!

という画期的な方法が紹介されています。

一度やってみました。

めちゃくちゃ大きな難点は、生のままの小松菜はかさばる!!ということ。

茹でるとキュッと小さくなりますよね。
でも生のままでは、わさーーーっとしていて、
冷凍庫を塞いでしまいます。

また、この本で紹介されている解凍方法は加減がとっても難しい。

以来、我が家では茹でてから冷凍に戻しました。

とはいえ、この本、
他の野菜や肉などの冷凍術がふんだんに掲載されていて
参考にするところが大きいです。

下ごしらえなし!凍ったまま調理!史上最ラク フリージング大革命 (講談社のお料理BOOK)

長芋の冷凍

長芋ぉぉぉぉ。

ネバネバして、おろすと手がカユカユになる、アイツ。

夏のスタミナ食にはもってこい!なんですけどね

長芋って特にまとめて買うほど安くありませんか?
小さく買うとすんごい割高。

冷蔵保存もできますが
(八百屋さんによると新聞で包んで冷蔵するのが良いそう)

夏場はおろし長芋で冷凍するのがオススメ。

おろしたらビニール袋に入れます。
ドロドロドロ~~~っと。

平らにして、空気を抜きます。
口をしばります。

ミートソースやホワイトソースなどと同じで
ポキンと折って取り出して使うので
なるべく薄くして、半分に折って冷凍しておくと便利。

このときはあまり薄くできなかったので
折るのにとっても苦労しました

これは激安だなぁ。
うちの近所の特売で買うより安い!

明日はこの冷凍とろろを使った簡単レシピをご紹介。

いや、レシピっていうほどのことは全然ないんですよ