栗の冷凍(生)

秋の果物で日持ちがしないのが栗。

買ってきたらすぐに処理…!できればいいのですが、
結構手間がかかるので
すぐに調理できないってときは

生のまま冷凍しちゃいましょう。

はい。生のままね。

というのも、買ってきて日を置くと虫が…

詳しくはこちらのサイトから引用しますね。
(兵庫県篠山市のHP)

栗の保存方法

      集荷したての栗を2~3日放置すると白い粉をふいたようになります。それは鬼皮と渋皮の間に産み付けられた虫の卵が、幼虫になって活動を始めたためです。そこで次の処理を行っておくと虫が死んで安心して貯蔵できます。
      

  • 短期貯蔵(温湯処理方法)

            (1) 2リットルの水を鍋に入れて火をかけ、水温が80度になれば、栗1キロを素早く入れる。火を弱くして80度以上にあがらないように注意して1分間浸漬したら水を切る。(水量対栗の量、水温、時間の厳守)

            (2) 栗の表面が乾く程度に陰干しをし、貯蔵は穴をあけたビニール袋で冷蔵庫へ。

             (保存期間は1週間から長くても1ヶ月程度です。ビニール袋に穴をあけるのは結露を防ぐためです。結露せず乾燥しすぎない状態であれば比較的長く保存できます。)
            

  • 冷凍貯蔵で年中おいしく食べる方法

            (1) 収穫した栗を0度に近い温度の冷蔵庫で密封せず1~2日間品温を下げる。

            (2) ポリエチレン袋に移し、0度(許容範囲±2度)で5週間低温処理する。(その間に糖含量が3倍程度になる。)

            (3) 最も甘くなったところでマイナス25度以下で冷凍貯蔵する。(大変甘いまま貯蔵)

            (4) 食するときに冷凍したまま圧力釜で沸騰してから10~15分間蒸したあと、自然に圧力を抜く。(甘くおいしい蒸し栗になる。普通に蒸すと舌触りが悪く、味も落ちる。)

             (この方法は、兵庫県が開発した業務レベルの貯蔵・調理方法です。一般家庭の冷蔵庫や調理方法では理想どおりにできない場合があります。0度で処理する部分は、チルドやパーシャルと呼ばれる条件で処理してください。)

 二番目の冷凍してから圧力鍋で蒸し栗にするの、試してみたいなぁ。

何にせよ、買ってきてすぐに食べなきゃ!処理しなきゃ!と
追い立てられないのがいいですよね。

この方法を知っていたら、 丹波栗 をお取り寄せしても安心だ~

 

 

 

りんごの冷凍(生)

昨日記事にした、りんごを加熱して冷凍する方法ですが、

りんごは生のままでも冷凍できます。

■ 冷凍

・8~12等分のくし形に切って水けを拭く
・皮は好みでむいてもむかなくてもOK

・変色予防のためにレモン汁をまぶす

・甘煮にする前提なら、砂糖をまぶして冷凍

■ 使い方

・凍ったまま or 半解凍で食べる

・砂糖やはちみつと合わせてフープロやミキサーでガーッ。
 シャーベットになります^^

・肉料理のソースやカレールーのかくし味に

・甘煮は凍ったまま砂糖を加えて煮る
(皮をむかずに煮るとピンク色になります~)

前の記事と合わせてご活用下さい

りんごの冷凍(加熱)

台風一過。

いかがですか、大きな被害に遭われていないといいのですが…。

台風の前がずいぶん蒸し暑かったのですが
通り過ぎた後、一気に朝晩の冷え込みが始まりました。

着るものやお布団も少し分厚くなって。

こうなってくると、そろそろりんごのおいしい季節。

お菓子やパンを頻繁に焼いていた頃は
待ちかねるように八百屋さんに尋ねに行きました。

「紅玉は入りましたかー」って。

詳しくは知らないものの、
入荷がとっても少なくなっている(と最後に聞いたのがもう何年も前)そうで

出たときに買っておかないと
次にいつ入るかわからないし、一度しか入荷しない年もある、って。

紅玉ってすごくお菓子向きなんですよね。
いろんなりんごがありますが、
あそこまで酸味の強いりんごってないんです。

紅玉なら甘煮にしても酸味が残って
いいバランスの味になります。

だから出たときに買って、煮て冷凍しておきましょ。

・砂糖でさっと煮るだけ → 冷凍

・用途に合わせて味付けをして煮る(アップルパイ用とか) → 冷凍

ル・クルーゼで煮るとほとんど水分要らず。
お砂糖をまぶしておいて
りんごから水けが出たころに
フタをして火にかければいいですよ~。

紅玉は取り寄せてでも欲しいりんごですね。

今から予約しておくのもいいかも。

「いそがしいあなたのホームフリージング」

いそがしいあなたのホームフリージング
 婦人之友社刊

久しぶりにこのページにアクセスしてびっくり。

こんな表示が出るんですね

フリージングの本をたぶん20冊近く持っていますが
この本は未だに読みます。
買ってもう7年経つのにね

目次はこれ。

婦人之友の会員さんが実際にやっている方法、メニューの集約なので
料理研究家さんの本よりも、ものすごく実用的・現実的。

フリージングをお弁当にどう活かすかも少し書いてあります。

他のフリージングの本を5冊買うなら
これを1冊持っているほうが情報量が多いです。

ただ、難点がひとつ。

手順はざっくりとしか書かれていません。

こんな感じ。
(ごめんなさい、ちょっとノイズ付加しています)

そうなんですよ、
「これはこうだよ」的なコメントが書いてある程度。

だからまったくのお料理初心者さんにはキビシイかな

でもふだんキッチンに立ってますよ~!って人には
細かい説明なんか要らなくて
ポイントだけがわかればできちゃうので、
これくらいの説明量のほうが話が早い

書店で中を見てみるといいですよ~。

離乳食に関しては巻末の134~135ページに載っています。

冷凍・フリージングの本は他にもいろいろあるので

順次ご紹介していきますね

しいたけの冷凍

きのこシリーズも終盤!

今日はしいたけです。

年じゅう出回っているけど、
秋は大きなふっくらしたしいたけが出ますね。

網焼きにしてすだちをジューっと…
あ、ヨダレが…

しいたけはきのこの中でも足がはやいと思います。

ちょっと油断すると裏が黒ずんでくる。

お買い得で山盛り買ったなら
すぐに使いそうにない分は切って冷凍しましょう。

そんなに味落ちしませんよ

切り方は、薄切りか乱切り。

(これは乱切りというよりイチョウ切りかも)

乱切りだと中華とか筑前煮なんかにいいですね。

薄切りはいろんなものに使えるなー。

そうそう、薄切りにしておいて使う段階でみじん切りにもできますよ。

お吸い物の準備ができなかったときに
冷凍庫から、凍ったままの薄切りのしいたけを取り出して
おだしにドボン。
乾燥わかめを入れてもいいし、お麩を入れてもいい。

しいたけのおかげで香りのいいお吸い物ができます。

もし冷蔵庫にちょうど貝割れ菜があったら
器に入れて、そこにしいたけの入ったおだしを注いでみて下さい。
しいたけと貝割れ菜、意外に相性がいいです。

急場しのぎに作ったはずが、夫がとても気に入りました。

冷凍でなく、干すのもいいですね。

こんなかごが一つあるととっても便利です

エリンギの冷凍

やあ! エリンギくんです。

二つか三つで100円ほどでしょうか。

最初見たときは、
こんなに大きいのをどうやって料理するんだ?!
と戸惑いました。

切り方に迷ったんですよね。

タテに繊維が入っているから
できるだけタテに切りましょう。
シャキシャキの食感が楽しめます

半分に割るなら根っこから。

スライスするなら横に倒すとやりやすい

長すぎるようなら、長さを半分に。

これも参考になるかな

冷凍のしかたは他のきのこ類と同じ。
切ってからビニール袋に入れてバラ冷凍です。

そして凍ったまま取り出して、加熱調理。

生のものよりは少しクッタリしますが
それほど味落ちしません。

私が好きなのはバター醤油炒め

ご、ごはんが食べたくなってきた…!

ごま

昨日(2013.09.10)の朝、あさイチで「ごま」の特集をしていました。

お勧め食材「まごわやさしい」にも含まれる「ごま」。

まごわやさしい は
こちらに詳しい説明がありましたので引用させていただきますね。

 

【 まごわやさしい 】

■「ま⇒豆」(納豆、大豆、豆腐、あずき、黒豆、油揚げ、高野豆腐など)

「畑の肉」といわれる大豆は、良質のたんぱく質、ミネラルが豊富。栄養バランスが良く、生活習慣病予防に効果的です。豆腐なら3分の1丁、納豆なら1パックです。

■「ご⇒ごま」(アーモンド、ごま、ピーナツ、くるみ、栗、ぎんなん、松の実など)

ごまは、たんぱく質、脂質、ミネラルがたっぷり。老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化栄養素。種実類の栄養成分は、切ったり刻んだり、すりつぶして使うことで、効率よく利用できます。

■「わ⇒わかめ」(ひじき、わかめ、のり、昆布、もずくなど)

カルシウムなどのミネラルが豊富。海藻類は酢や油と組み合わせると栄養成分が効率よく摂取できます。調理に酢、柑橘類の汁、植物油を利用しましょう。

■「や⇒野菜」(ほうれん草、トマト、白菜、キャベツ、セロリ、もやしなど)

β-カロテンやビタミンCが豊富。皮膚や粘膜を健康に保ち、抵抗力を維持します。野菜は1日350g(1/3量は緑黄色野菜、2/3量は淡色野菜)が目安です。煮たり炒めたりの加熱調理でかさを減らすとたくさん食べられます。

■「さ⇒さかな」(青魚や鮭など)

あじは、DHAやEPA、タウリンが豊富で、血中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きと、疲労回復に効果があります。週に最低3食、できれば5~7食を魚料理にするとよいでしょう。

■「し⇒しいたけ」(まいたけ、マッシュルーム、しいたけ、しめじ、エリンギ、なめこなど)

しいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富で、カルシウムを骨に定着させるのに有効です。日光に当てると栄養価がアップします。きのこ類は、食物繊維、ビタミンやミネラルの宝庫です。たっぷり食べてもカロリーの心配がありません。

■「い⇒いも」(じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など)

炭水化物・糖質やビタミンC・食物繊維が豊富です。根菜類は腸内環境を整えてくれます。

 

そう、抗酸化作用

女性なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

私も普段はこういう市販品で済ませてしまいます

が、時間があればすりごまも練りゴマも
家で作るほうがダンゼンおいしい!

香りが100倍くらい違います。

…かといっていつもはできないんですけどね

すり鉢でゴーリゴリとするのも大好き。
なんか風情があるじゃないですか。

でも力は要るし、時間はかかるし…

うん、これやってる間にもう二品くらい作れそうだ!
とか思っちゃう。

そんなときにはこの子!

速くておいしいすりごまと練りゴマを作ってくれます。

これを買ってからポタージュスープも手軽に作れるようになったし
ペースト状のもの(離乳食や介護食)も
少量で簡単に作れますよ~~~。

キッチン家電や調理グッズを買うのも見るのも大好きだけど
バーミックスほど活用してるものってないかも。

「もうひとつの手」というキャッチコピーに大納得です


私は「スライシー」が出る前に買ったので上記のセットです。
フープロをお持ちでなかったらスライシー付きのセットだと省スペースになるかも。
でも差額1万円…だったら単体でフープロをお買い求めになるほうが
使い勝手が良いと私は思います。
洗うのも簡単ですしね

舞茸の冷凍

さ~ぁ、きのこが続きますよ!

今日は舞茸(まいたけ)。

香りがいいのだけど、
個性が強すぎてちょっと他の食材と合わせにくい面もあります。

同類のきのこ達と合わせるのは

あとは単品で使うか、
ほんの少しだけを他の食材と合わせるか。

…となると、一回で1パック使いきれません。

そこで冷凍~~~。

舞茸はこんなふうに

石づきの部分がとても少ないです。

そこをちょろっと切り落として
手で適当に裂きます。

白い茎みたいなところも
ジャンジャン裂いて一緒に食べましょう。
シャキシャキしておいしいですよ

裂き方ですが、
ヒラヒラが2~3枚あるくらいがワタシ的には好み

昨日書いた「しめじ」同様に
ビニール袋に入れてバラ冷凍。

凍ったまま加熱調理して下さい。

「うわー、何もない!」ってときに
おだしをとって舞茸少しと三つ葉を入れるだけで
立派なおすましができます。

余談ながら…
舞茸がちょっと苦手だった私が惚れ込むきっかけになったのは

天ぷら

なんとなーく思いつきで
そこにあった舞茸も天ぷらにしてみたらとってもおいしくて、
夫も同じようにハマってしまいました。

だから天ぷらをすると
他の具材よりも舞茸ばっかり売れていくという…

そんななので、
我が家はたくさん揚げておいて
天ぷらにしたものを冷凍しちゃいます。

寒い日のお昼ごはんにおうどんするときに載せると
これまたおいしい。

よかったらお試しを。

しめじの冷凍

秋ですよ、秋!

朝晩の涼しいことといったら、
この関西ですら明け方は大布団がないと寒いくらい。

ここだけの話、
今朝はワタクシ今シーズン初めてのあんかを入れましたっ。

シーッ!! d(゚ε゚;)

半袖もそろそろ寒いかなぁ。迷う。

そんな季節になると、きのこ達がお安くなります。

冷蔵庫でも結構日持ちしますし、
まめな方はちょっと干してみたりなさいますよね。

私はどちらかというとズボラなほうなので
手間は少なく!それでおいしく!を追求。うふふ。

しめじはクセがなくていろんなお料理に使いやすいきのこ。

1パックまるまるは要らなくても
ちょっとあると食感が加わっておいしくなったりします。

あんかけにすこーし入るだけで風味が変わったり。

そんなしめじの冷凍はこれまた簡単。

石づき部分をガツン!と切り落として
手で適当にほぐします。

あまり長すぎるようなら
長さを半分にしてもいいかもしれません。

たまに背の高い子がいるのよね^^;

そしてビニール袋に入れてバラ冷凍。

使う分だけ取り出して
凍ったまま加熱調理して下さい。

食感も香りもそれほどダウンせずに使える、便利な食材です。

えのきの冷凍

年中あまり値段の変わらない食材、きのこ類。

これからオンシーズンですね!

きのこ類はほとんどが冷凍保存できますから
お安いうちにドカンと買って下ごしらえして冷凍しちゃいましょ。

まずはえのきから。

私は基本的にきのこ類は水洗いしません。

だからパックされた袋の上から直に
石づき部分を切り落とします(笑)。

そして袋から出して長さを二等分して
適当にバラし、

ビニール袋に入れてバラ冷凍。

使う分だけパリっと割って取り出します。

凍ったまま加熱調理して下さいね。

そうそう、
たまにプラウンえのき、茶太郎えのきが売っています。

これ、白いえのきより少し味が濃くておいしいの。

大葉と一緒に豚肉で巻いてソテーして
甘辛味や焼肉のタレなんかでジャッと味を絡ませると
おいしいお弁当のおかずになります。

(かつて私が作ったお弁当でーす

全部冷凍できる素材だから
巻くところまでやって、冷凍してしまうのもですよん!

巻いてあれば大葉の色のくすみも目立ちません^^