うすあげ(油あげ)の冷凍

 

うすあげ、あぶらあげ、いなりあげ、

呼び方がいろいろありますね。

これもちりめんじゃこ同様、冷凍庫にあるととっても助かる一品。

たまに賞味期限間近なものが半額になっていたら
チャンスですよ!

私は何につけ、10枚くらいまとめて買って下ごしらえしてしまいます。
手間は一緒なんですもの。
フフフ。

■ 下ごしらえ(油抜き)

文字通り油で揚げてあるものなので、
油を落とすために下ゆでします。

通常、油抜きの方法は
「ざるにのせて、その上から熱湯をまわしかける」
というのが王道です。

でもそれではむらが出たり、
イマイチ油が落としきれないことがあります。

それで私は小林カツ代さん式に、下ゆでしています。

お鍋にたっぷりお湯を沸かして
そこにうすあげを投下。

 

うすあげが膨らんでブワーッと浮いてくるので
お箸で押さえながら
両面ともひと泳ぎさせます。

これで十分。

ペーパータオルを敷いたざるに載せて
粗熱を取ります。

■ 油抜きしないほうが良い場合

ただし、この場合は油抜きしないほうがいいです。

・焼きうすあげにして食べる (油が残っているほうが香ばしく焼ける)

 

・巾着にする (加熱前に袋を開いておくほうがいい)

 

ちなみに開く場合は

・お箸でコロコロしてから(中の組織が上下ではずれる)
 半分に切るとほとんど開いています。

 

 開き切れていない部分だけ、そーっと包丁を入れましょう。

・レンジでチンするだけで開くという方法も!

 簡単♪油揚げの開き方 (私も今度試してみますね~)

■ うすあげの冷凍 (素材のまま)

私は油抜きしたうすあげを短冊切りにすることがほとんど。

長辺を半分にして、幅0.7~1cmくらいに切ります。

 

 

 

これをビニール袋に入れてバラ冷凍しておくと
鬼ほど便利!!

・お味噌汁にポン!

冷凍ネギや乾燥わかめ、野菜の切れ端があれば立派なお味噌汁に。
冷凍じゃがいもとの相性もいいですよ~♪

・煮浸しにポン!

小松菜やほうれん草、根三つ葉なんかもいいかも。

 

・炊き込みご飯にポン!

凍ったまま他の具材と一緒に炊飯器へ。

「油抜きしておく」「切っておく」という手順が既に済んでいるので
ものすごく手軽に使えます。
お相手を選ばないところも優秀。

■ うすあげの冷凍 (調理してから)

・きつねうどん用のおあげさん

上記の方法で油抜きしてから、お好みの切り方で。
三角でも四角でも。

 

 

 

 

 

それからお好みの味付けで甘辛く煮ておきます。

 

(我が家は四角に切って炊きます)

粗熱が取れたら2枚ずつくらい取り出しやすいように
ビニール袋に並べて冷凍庫へ。
平らに置いて冷凍しておくと
まとめて同じ袋に入れても全部がくっつかないので大丈夫。

冬はまとめて炊いて冷凍庫に常備しています。
これと冷凍した茹でうどん、冷凍ネギがあれば
おだしを作って(市販のめんつゆを薄めても良し)
それぞれ投下するだけできつねうどんが作れます。

週末のお昼なんかに助かりますよ~。

私が参考にする本がこちら。

関西人の舌にはちょっと濃く感じるので
もう少し薄味にして作っています。

この辺はお好みで調整して下さい^^

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)