野菜を冷凍する訳は

こんにちは!

三連休明けの今週はなんだかとても早かった…。
また週末だ…

あっ、
お母さんは夏休みスタートですね!
がんばれ~~~。

昨日ゴーヤを冷凍する記事を書きました。
たくさん消化するにはどうする?って本も紹介しました。

実はゴーヤを丸々一本使う料理ってそんなにないんですよね。
ゴーヤチャンプルーにするくらいしかない。

他のお野菜も同じで、
我が家みたいに少人数家庭だと使い切れないんです。

でも使い切れないからって「使い切れる量」だけを買うと
買える材料の種類が限定されるし
ちょっとずつたくさん…ってわけにいかなくなっちゃう。

でも冷凍保存すると

「わざと少し残す」

ってことができるんです。

そしたらゴーヤなんかも白和えに混ぜちゃうとか
酢の物に混ぜちゃうとかできますよね。

パプリカやブロッコリーなどなど色の鮮やかなお野菜が
ほんの少しでも入ると
お料理がグンとおいしそうになる。
カラフルだと食欲が増しますよね

ゴーヤやセロリみたいなスパイス的お野菜も
たくさんは要らないけど
ちょっと加えるだけで味が広がる。

そんな意味もこめてフリージングをしています。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)