玉ねぎの冷凍

世間はお盆ですね~。

我が家は夫がお盆休みなく出勤なので
それぞれの実家には帰れません。

気持ちでお参りしておこう。

今日は玉ねぎの冷凍について。

常備できる根菜(?)ではあるものの、
こう暑いと知らぬ間にズルンと傷んでしまうことも…

玉ねぎの冷凍は変化も大きいので
絶賛オススメ!ってわけにはいかないのですが、
傷んで使えなくなるよりは…的な感じでご紹介します。

■ 生のまま冷凍する

1.皮をむいて切る

2.ビニール袋にバラして入れて、空気を抜いて冷凍する

<切り方で使い方のバリエーションが決まる>

冷凍した生の玉ねぎは加熱して使います。

凍ったまま調理しますが、
組織が破壊されてクタクタになるのと
加熱(解凍)の過程で若干水けが出るので、
シャキシャキ感不要&水けが出ても構わない料理に使用しましょう。

例えば

ポタージュやカレーなど、後で溶けてなくなってもいいものには使えます

しかし、みじん切りをハンバーグの具に入れると
少し水けが出て、ちょっとタネがゆるんでしまいます。

そんな特徴を知った上でお使い下さい。

みじん切り:市販のミックスベジタブル的な感じ(炒飯の具などに)

スライス:ポタージュなどに少し「ネギ系風味」を加えたいとき

■ 加熱してから冷凍する

飴色になるまで炒めた玉ねぎ、
あったらおいしいのに!と思ってもそのときに一から作るのは大変。

ある程度まとめて作って、薄く平らに伸ばして冷凍しましょう。

スープを作るときなど、必要な分だけポキッと折って使います。

ちなみに市販のものはこんな感じ。

>>>楽天のオニオンソテーはこちら<<<

作るの大変!ってときは買ったらいいけど、
ちょっとイキそうな玉ねぎをエイッと炒めればお安く作れます

長く家を空けるときなども、前もってやっておくといいかも

コメントを残す