生姜の冷凍

 

香味野菜の代表格、生姜。

中華には欠かせないし、

魚やレバーなどの臭み消しにもってこい

ただ、少人数家庭では
冷蔵庫の片隅でだんだん干からびていく…
という運命をたどりがち。

ま、いっそのこと干してしまってもいいのですけど(笑)、
それはそれで手間なので
私は余りそうな分を切って冷凍してしまいます。

生姜を使うパターンは

・輪切り
・千切り
・みじん切り
・おろす

のいずれかです。

料理本にはどれも冷凍できると書いてあります。

だけど、できます と 味が落ちません は別なのですよね。

 

特におろし生姜は味落ちがハンパないです。
やめておきましょ。
冷凍おろし生姜を使うくらいなら
チューブ入りの市販のおろし生姜のほうがマシですよ~。

おろす以外は冷凍OKです。
生にはかないませんが、香りが残っています。

■輪切り

 

端から2~3ミリの厚さに切ります。
皮付き・皮なしはお好みで。
私は臭み消しに入れる場合は皮付きにしています。

■千切り

 

輪切りを端から切っていけば千切り^^
これをバラ冷凍しておくと
必要な分だけ出して
炒めものの油に香りを移しておいしくいただけます。

■みじん切り

 

千切りを90度ひっくり返して端から切ればみじん切り^^
これもバラ冷凍しておくと、
炒めもの、チャーハンなどなどに大活躍。

だいたい香味野菜って少量しか使わないので
まとめて切ってしまうとラクです。

ねぎ、生姜、にんにくってトリオみたいに少しずつ使いますよね。

この「少し」があるかないかで料理のデキが
全然違うんだなぁ。

そうそう、おろすのはこれが最強。

底のすべり止めも秀逸で
おろすのが苦にならなくなった逸品です。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)